アメリカンバイクとメーカー比較

400ccでは、
H:SHADOW400/Slasher400
Y:DRAGSTER/CLASSIC
S:INTRUDER CLASSIC400
K:VULCAN DRIFTER/CLASSIC

250ccでは
H:V TWIN MAGNA
Y:DRAGSTER250
S:INTRUDER LC250
K:ELIMINATOR250V

いかがですか。。。

まずお決めになられるべきなのは、Classicタイプか、そうでないかが一点。次に250ccにするか400ccにするかが二点目でしょうか。250ccの利点は車検がないので改造し放題(誤解を招く言い方ですね)な点、400ccの利点は250ccよりもパワー/トルクともにあることです。

私のお勧めはエリミの250です。だってかっこいいんだもの。250のパワーに不満を持ってきたら400ccないし大型に乗り換えるのはいかがでしょうか?

メーカーとしてはHが一番信用が置けますが、大切なのは「愛車」として付き合えるかどうかだと思います。
悩んでいる時間が一番楽しい時期です。
夢は実現するまでが一番楽しいのです。

アメリカンバイクの長所と短所

長所・・・アメリカンバイクタイプは足つきがいいので乗っていて安心感があります。それに車体が長いので2人乗りにもかなり適しています。ポジションも普段イスに座る感じなので、私は長距離走行も楽だと思います。最後に、アメリカンバイクは低回転エンジン搭載なので燃費がいいです。ただし、フルアクセルに近い状態で運転すると燃費は悪くなります。

短所・・・アメリカンバイクはスピードを出すバイクではないので、警察をも振り切るようなスピードで高速道路を爆走することはできません。また、風圧をフルに受けるので高速走行するとかなり疲れます(100km/hくらいなら平気ですが、130km/hになるとかなりきつくなってきます)。
あと、車体が長い分それなりに曲がりにくいので峠を攻めるようなタイプでもありません。

ライディングポジション

ドラッグスター400からハーレーに乗ってます。シャドーのことは分かりませんが、DSで言うと、長所は
ライディングポジションがとてもラク。

車高が低く立ちゴケをする気がしない。
400ccは思ったより重くなかった。
サドルバッグを付けると結構荷物が積める。
V型エンジンがカッコイイ(個人の意見ですが)
年配のおじさんからはカッコイイと言われる。
短所は
ものすごく音は小さい。(規制があるから仕方が無い)
ものすごく遅い。(DS1100は走れるみたいですけど)
急な山道のカーブとかだとあまりバイクを傾けるとステップを擦ります。ちゃんとスピードを落とせば問題なし。
こんなとこでしょうか?参考にしてください。

アメリカンバイクの長所と短所

長所
・そのスタイルが好きな人にはたまらない。
・足つき性がよく立ちゴケしづらい。
・マフラーを交換し音を立てて走っていてもアメリカンバイクがくるとなぜか嬉しくなる。

短所
・走行性能がその姿勢ゆえ比較的に悪くなる。
アメリカのド真っ直ぐな道を走ることを前提にしているのではないかと思っているのですが、とにかく曲がりづらいし操作しづらい。
軽い渋滞でのずっとノロノロな低速も苦手。止まる場合が多い酷い渋滞は逆に足つき性がいいので楽になります。
かといって高速走行が楽かというとそんなことはなく姿勢が姿勢なだけに凄く苦痛(カウルもないでしょうし)。60km/hrぐらいで真っ直ぐ走る以外での走行性能は比較的に駄目と思ってください。
・長距離乗っていると意外に尻が痛くなる。

最後にバイクは趣味性が高いので自分以外誰も良いと言ってくれなくても自分が気に入っていればそれが最高のバイクなのだと思います。

各メーカーを指す言葉

シャドウでもインクラでも大きさは変わりませんし、重さもどっこいどっこいです。
通学だって都心の渋滞を抜けるような通学路でなければ全然大丈夫。
街乗りだって駐車スペースさえ気をつかえば全然OK。

各メーカーを指す言葉として、
・丈夫なホンダ
・スタイルのヤマハ
・漢カワサキ
・やりすぎのスズキ
とか言われてます。もちろん他にもありますが。

定期的な調整・消耗品の交換

じゃあホンダだから丈夫で他はそうでもないのかといえば、
今の技術や品質を考えればどのメーカーも同じです。
(昔ホンダのVTエンジンという傑作化け物エンジンがありましたがあれは別です)
ので定期的な各部の調整・消耗品の交換をしていればどれも元気になが〜く走ってくれます。
具体的にどれがおすすめかと言われればスズキ党な自分としてはインクラを推します。
一応クラス最大の大きさは魅力ですし、何より希少なので。